お茶会で分かる性格

子供が通っている幼稚園では毎年作品展があります。
その時、「ショー」や「お茶会」などに分かれてそれぞれの担当で下の学年の子たちにおもてなしをします。
うちの子はお茶会の係。
本格的に抹茶をたてて振る舞うのです。和柄のエプロンをして、初めはお菓子を配ります。
その後お茶をたてる子と配膳する子に分かれるのです。
うちの子の様子を見ると、おっとりした性格からかみんなより一歩遅れて配膳しているのにやきもきしました。
他の子に押されて先を越されたり、目的のところに置けなくて戻ったりしていました。
我先に配膳しにいく子、喋ってばかりで先生の話を聞けていない子など、このお茶会を見ていて子供たちそれぞれの本性が分かるなと思いながら見学していました。