初めてのビーツ、挑戦してみた食べ方あれこれ

お友達から家庭菜園で育てたというビーツをたくさんおすそ分けしてもらいました。ビーツといえば缶詰や瓶詰になっているものしか食べたことも扱ったこともなく、無加工は初めてです。

でも、「美容効果の高い野菜」という知識があったので興味深々でした。

さっそく届けられたビーツは丸くて赤いまるでお化けサイズのラディッシュか小柄のカブ、といった感じです。ネットで調べた通りに下茹でしてから刻んでサラダのトッピングにしてみました。

うーん、ほんのりとした甘みはあるものの土臭い風味があってこれはあんまり美味しいとは言えません。どうせなら瓶詰で買うことのできる酢漬けのほうがサラダ向けだと思います。

次に挑戦したのはネットで見つけた「煮込み料理に使う」。
圧力鍋で鶏手羽・人参やジャガイモ・玉ねぎといった野菜と一緒にビーツも入れてシチューにしてみました。赤く透き通ったスープがなかなかきれいな一品となるはずが・・・。ところがこれがなかなかグロテスク、煮込むことによってビーツの鮮やかな赤と人参のオレンジが混ざったのがいけなかったのかもしれません。

鶏手羽が「なんだか死体そのものに見える」といった感じに。鶏手羽とビーツに野菜をたっぷり、最強の美容レシピとなるはずでしたが残念な結果に。

でも「ビーツの土臭い風味は油と合わせることで気にならない程度にまでなる」ということは学習。
と次にやってみたのはシンプルに「ビーツとベーコンの炒め物」でした。
普通にベーコンを炒めたところにビーツを投入、さっと混ぜ合わせてから味を見て塩を少し追加し、最後に黒コショウを一振りします。

シンプルだけど、これが今のところ一番のお気に入りです。

きのこ炒めと鮭のチャンチャン焼き

今日、スーパーに行ったら「キノコフェアなの?」ってくらいキノコが安かったんですよ。

しいたけが袋にどっさり入って270円だし、しめじが2パックで98円ですよ?

そして、鮭も1パック198円。

今日はきのこ炒めと鮭のチャンチャン焼きを作りました。

きのこ炒めはイタリア風に。

こまかーくキノコを刻んで、ひたすらバターとハーブとニンニクで炒める。

どろっとしたペーストになるまで炒めます。

あれだけあった量がかさがすごく減ってしまうんですけど、めちゃくちゃ美味しいです。

パンにのっけて食べてもいいし、しょうゆをたらしてご飯に乗せてもいいです。

鮭のチャンチャン焼きの方は、しめじと玉ねぎをマヨで炒めたあと、鮭をのっけて日本酒を入れて蒸し焼き。

その上に後からみそとすりごまとごま油、だしの素をみりんで解いたのを流し込み、春菊をばさっと乗せてフタをして3分。

食べるときに、バターを乗せて、コーンを散らします。

彩りもキレイだし、おいしかったです!

みそ&バター風味って万能ですよね♪

晩酌などにもピッタリですよ。

青汁で美容とダイエット

最近、美容の為に青汁を飲み始めました。
ネットで購入したものなのですが、とても飲みやすく牛乳などで割るととても美味しいです。
お肌に良いのも魅力的ですが、一番の目的はダイエットです。
この青汁は、置き換えダイエットに使うこともできて、痩せやすい身体を作れるみたいです。
最近太って困っていたので、即購入してしまいました。
昨日から飲み始めたのですが、朝ごはんに飲んでお腹が空かなかったので、腹もちはいいみたいです。
レシピも載っていて寒天やゼリーなどにもできるみたいなので、仕事の休みの日に挑戦してみようと思います。
ダイエットもですが、肌も綺麗にしたいので、これから飲み続けてどうなるか、とても楽しみです!